京つう

  社長・PRブログ  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


2008年08月22日

おじいさんは山へ柴刈りに

涼しくなってきましたねicon02
久々のブログ更新です。月日の流れるのは早し。。。

昨日は宝塚に行ってきました。
歌劇を見に、、、ではなく、薪と里山保全ことで、ですICON48

宝塚周辺(行政区分でいうと北摂地域)は日本一の里山とも言われています。
まあ、山がきれい。

里山とは、「桃太郎」の物語の冒頭で、おじいさんが柴刈りに行って
いた山のことです。
薪や炭などの燃料を生産するために育て、利用してきた森で、今は
放置され、全国的に問題になっています。

この地域では菊炭(池田炭)という茶道用の炭を焼いており、切り口が
菊の模様のように美しいことから、菊炭という名前がついています。
ヒバナのバイオマショップではインテリアとして人気がありますよ。

これは台場(だいば)くぬぎ。



なんでこんな面白い形をしているかというと。



説明書きを読むと、
「台場くぬぎは、炭焼きの中で生まれました。
 
炭をつくる材料として地上1~2mのところで幹を切り、その切り口から生える
新しい幹の伐採を長年繰り返すことにより、ずんぐりとした形になります。

1~2mのところで切るのは、鹿などの動物に芽を食べられにくくするためです。
全国的にも珍しく、天然記念物に値すると言われている黒川の貴重な文化財です。

大切に守りましょう」

ふむふむICON48

これはピザやパンを焼く窯です。



窯はみんなでつくったそうで、近くにはウッドデッキがあり、絶景も楽しめます。
美味しいだろうなICON179

7月27日に開園したばかりの兵庫県立宝塚西谷の森公園には、
おくどさんもあります。
おくどさん、「かまど」のことです。



ご案内いただいた農林振興事務所の皆さん、ありがとうございましたface01

  


Posted by 松田直子  at 21:41Comments(2)